アンリミとルレアプラスのどっちがおすすめ?違いを比較しました

NO IMAGE

どうも。専業アフィリエイターの雨月です。

 

数あるアフィリエイト教材の中では、やはりLUREA PLUS(ルレアプラス)が最も人気ですが、他にもアンリミと呼ばれる、アンリミテッドアフィリエイト(Unlimitted Affiliate)が有名な教材として挙げられます。

 

アンリミを勧めているブログも数多く存在しており、初心者向けのアフィリエイト教材として定着しているといえます。

 

実はルレアプラスとアンリミには明確な違いがあります。

ただどちらもアフィリエイトの教材として、名ばかりでない王道のノウハウを提供してくれるという点においては共通しています。

 

今回は、ルレアとアンリミのどちらかを買おうか迷っているアフィリエイト初心者の方に向けて、両教材の特徴・違いを紹介していきます。

アンリミテッドアフィリエイトって?

アンリミテッドアフィリエイトの最大の特徴は『情報商材』を『ブログ』と『メルマガ』で広告宣伝してアフィリエイトをするための教材です。

『情報商材アフィリエイト』のバイブルといっても過言ではないでしょう。

 

恐らくアフィリエイターで情報商材アフィリエイトをしている人はほぼ間違いなくアンリミを購入していると思います。

例えば、ルレアはA8.netやAfb、もしもアフィリエイトといったASPに登録して、商材となる商品を選ぶ『物販アフィリエイト』が対象です。

 

物販とは違い情報商材のアンリミでは、情報商材の登録が多いインフォトップを中心にASPを利用することになります。

つまりルレアとアンリミは販売対象商品が異なるので、教材としても棲み分けができています。

 

ルレアがサイトやブログを作るのに対して、アンリミではブログとメルマガを掛け合わせたノウハウで広告宣伝をします。

サイトのみで成果を上げていくルレアに対して、アンリミの狙いはブログとメルマガを組み合わせることで売上を倍増させることにあります。

アンリミとルレア 特徴的なノウハウ

少し整理すると、アンリミとルレアでは『宣伝手法』が違います。それは販売対象としての『商材』が違うということでもあります。

 

アンリミが『ブログとメルマガ』で『情報商材』を紹介するのに対して、ルレアは『ブログやサイト』で『現物商品』を広告宣伝します。

 

また、アンリミは読者とコミュニケーションをとっていくことで、読者と共にブログを築き上げていくというスタイルに対して、ルレアは10記事程度の小規模サイトや50記事程度の中規模のサイトを複数分けて立ち上げます。

 

サイトスタイルが全く違うので、集客する方法もそれぞれ特徴があります。

アンリミが読者とコミュニケーションをとることでブログのファンを増やすという集客方法に対して、ルレアは検索エンジンメインのSEO対策を重視した集客方法となっています。

 

またアンリミのブログサイトが常に更新していて『動的』なサイトであるのに対して、ルレアではサイトを完成させてしまえば、あとは放置するという『静的』なサイトであることも特徴の1つです。

 

教材名 アンリミテッドアフィリエイト LUREA(ルレア)
広告媒体 ブログ・メルマガ サイト・ブログ
売る商品 情報商材 現物商品
読者の集客方法 検索エンジン以外からも集める(あまりSEOに依存しない) 検索エンジンから集める(SEOに依存する)
商品の売り方 読者をファン化させて販売する キーワードからニーズを抽出して販売する
全体的な手法 1つのブログをメインで運営する 複数のサイトを構築する

 

 

スタイルの異なるルレアとアンリミですが、それぞれの扱う商材をいかに効率良く販売できるかという点では、両者とも優れたノウハウを備えていると言えるでしょう。

 

さらに読者とコミュニケーションをとることで新たな読者を獲得していくアンリミ手法と、サイトを完成させた後は放置するルレア手法では、『売り方』が全く違います。

 

好みや性格によると思いますが、対人のコミュニケーションが好きな人ならアンリミ、1人でコツコツと地道な作業をするのが好きならルレアが向いているかもしれませんね。

 

そんな『売り方』の違うルレアとアンリミを融合することで、新たな『売り方』が開放されます。違うからこそ相容れるというルレアとアンリミのコラボレーションが、唯一無二のサイトスタイルを創造してくれるでしょう。

アンリミとルレアプラスは両方買うのもアリ

アンリミとルレアでは販売対象の商材が違えばアフィリエイトの宣伝手法も異なります。

両者とも根本的に違うものではありますが、アフィリエイトのノウハウとしては共通するところが多々あります。

 

ルレアとアンリミ、2つのノウハウを組み合わせることで、それぞれの仕組みから生まれる効果を増大させることができます。

 

例えばルレアのロングレンジのブログ戦略でコミュニケーションを育み、ファンになってもらうことで販促をしたり、物販アフィリエイトをアンリミのメルマガ手法で広告宣伝するような複合的な戦略で売上を伸ばしていくことができるようになります。

 

ここまで話をしてきましたが、まだルレアかアンリミかで悩んでいるのであれば、簡潔に言うと、「両方買った方がいい」です。僕の実体験に基づいたアドバイスです。

両方買うのがおすすめですが・・・

ただやっぱり初めから2つの情報商材を購入するのは、金銭的にも内容を理解するにも結構な負担かもしれません。

ルレアとアンリミ、両方買う方がベターですが、もしどちらか一方から購入するとすれば、

LUREA plus(ルレアプラス)をおすすめします。

 

アンリミから始めることがいけないのか、と疑問に思う方もいるでしょう。

これまで紹介してきた通り、アンリミは『情報商材』を販売するためのノウハウなんです。

一般的には『怪しい』と思われがちな商材を販売するということになりますので、文章力やテクニックも高度なレベルで必要になってきます。

 

なので、アフィリエイト初心者がアンリミに手を出すと失敗する可能性は高いと言えます。

とはいえ、最終的にはアンリミも併用した方がいいのですが、まずはルレアから始めて経験を積んでいきましょう。

 

アンリミは情報商材のアフィリエイトノウハウなので、物販で採用しているサイトは多くはなく、競合がいないような状態で稼ぐことができます。

ただ初心者のうちは、ノウハウを習得することに忙しいこともあって、物販へのノウハウの応用ができるほど知恵が回らないでしょう。

 

また情報商材を扱う業界では、そういった初心者をターゲットにして荒稼ぎするような強者のアフィリエイターも存在しています。未熟なスキルで情報商材を扱っていると逆に商材を買わされてしまう羽目になったという事態も想定されます。

 

やっぱりアフィリエイトの基本としては情報商材を売ろうとする前に物販でアフィリエイトスキルを鍛えていくという方が無難です。なぜなら一般的な店舗で販売されているような商品を扱うので、情報商材に比べても遙かに売りやすいのです。

 

1つの目標として情報商材アフィリエイトをしたいという場合にも、確実にステップアップできるルレアの物販アフィリエイトから始めた方がいいでしょう。

物販アフィリエイトで毎月1~2万円ぐらい稼げるようになれば、今度はアンリミを導入して情報商材アフィリエイトへ参入すればいいと思います。

 

ということで、まずはルレアでスキルアップと実績を積み上げて、物販に慣れてきたところでアンリミテッドアフィリエイトのノウハウもアウトプットしていく、という流れがおすすめです。

 

物販アフィリエイトは、アフィリエイトとしての基礎的な部分を学ぶことができます。情報商材アフィリエイトもメルマガアフィリエイトも、基礎ができた上での『応用技術』になってくるので基礎をしっかりと学ぶ必要があります。

 

そういうわけで、まずは物販アフィリエイトを始めるための王道教材LUREA plus(ルレアプラス)から購入して始めるのがおすすめです。