ルレアとルレアプラスの違いってなに?

NO IMAGE

ルレアは2015年3月23日に「ルレアプラス(Lurea Plus)」にバージョンアップしています。

ネット上を見ると、ルレアとルレアプラスという2つの言い回しがあるため「これらの2つの違いって何なんだろう?」と思う方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、今回はルレアからバージョンアップされた『ルレアプラス』にどんな違いがあるのかについて、アフィリエイト月収7桁の私が解説していきます。

ルレアとルレアプラスの大きな違い

バージョンアップして主に次のことが変わりました。

  • 『ブラッドライティング戦略』
  • 『ワードプレス&無料ブログのカスタムマニュアル』
  • 『関連キーワード戦略』

これら3つの項目が追加されました。

念のためバージョンアップ内容の書類をチェックし、『関連キーワード戦略』については動画も確認済みです。これらの追加項目についての意見ですが、まさかのボリュームで驚くほどの内容が詰め込まれていて、新たに教材を購入したような印象を抱きました。

 

SEOでもキーワードの選び方でも同じですが、『関連キーワード戦略』がかなり勉強になり、実践に利用できると感じました。オールドドメインでサイトを構築したのに全然上位表示されないという悩みもあると思います。

 

A8.netやバリューコマースなどで人気商材を、商材の名前でキーワード選定したところで、新たに参入する余地はない、ということも少なくないでしょう。

『ブラッドライティング戦略』

『ブラッドライティング戦略』とは文字通りのライティングスキルのことなのですが、特に現物商品を取り扱う『物販』のアフィリエイトで実用できるスキルを習得することが可能です。これを読破することで、ハイレベルなライティングの技術が、実はそこまで重要ではないという理由が理解できるのではないでしょうか。

 

この『ブラッドライティング戦略』の要諦は、訪問者に対してあらゆる価値を提供するために、目的のカテゴリを徹底して調査してから記事を書くという内容になっています。

もちろん技術面でも必要なノウハウ、例えばストーリーテリングの手法も丁寧に解説されています。

『ワードプレス&無料ブログのカスタムマニュアル』

『一歩先を行く無料ブログ&ワードプレスリファイン』のデザインスキルが『ワードプレス&無料ブログのカスタムマニュアル』で学べます。

 

一般的にも『無料ブログ』味気ないサイトデザインになる傾向があります。そんなちょっとした悩みも『ルレアプラス』に無料で付属されている『リプラ』というSEO対策のできるテンプレートを利用することで、デザイン性に優れたサイト構築テクニックを学ぶことが可能です。

 

始めたの場合には特にデザインの能力が追いついていないことも多いので、『Ripraスタイリッシュカスタムマニュアル』を熟読することでサイトデザインのスキルを上達させることができるはずです。

 

『一歩先を行く』方は『リファインスノー2カスタムマニュアル』で、『Easing Slider』を用いてバナースライダーを作ったり、PHPでサイトカスタマイズも習得すれば、ちょっと高度なキレイなデザインのサイトを作ることができるでしょう。

『ミドルレンジ関連キーワード戦略』

通常のミドルレンジ戦略では行き詰まった場合に、競合のいないような『関連キーワード』を用いて、速やかにサイトを上位表示させ、売上を伸ばしていこうというのが、『ミドルレンジ関連キーワード戦略』になります。

 

そもそもの『キーワード』を間違って選択していると、コンテンツを充実させるライティングも意味をなさないという事態になります。多くのアフィリエイターがやりがちなミスでもあるので、『ミドルレンジ関連キーワード戦略』を読み込んで、SEO対策で優位に立ちましょう。

 

ルレアプラスその他変更点

■ショートレンジ戦略追加内容

1:ヤフオクアフィリエイト仕様変更→削除

2:楽天、アマゾンはA8.net経由でアフィリエイトすることが可能記事追加

3:ブックマークサービスを最新版に変更

4:ヤフーショッピングアフィリエイト→バリューコマース経由に変更

■ロングレンジサイト戦略

1.ロングレンジサイトの戦略や運用などを全体的な見直し

2.Googleアドセンス戦略を追加

3.スナイパーサイトに誘導する利点を修正

4.スナイパーサイトのディレクトリ化を追加

■ニュースタンダードSEO戦略ショートミドル編

1:クロスリンクの削除

2:サテライトサイトの概念の削除

3:フォローサイトという概念の追加

■ニュースタンダードSEO戦略ロングレンジSEO編

1.SEO全体の考えを見直し

2.内部ユーザービリティーの強化を大幅修正

3.新!外部リンク戦略を追加

4.外部サービスによるリンク獲得を大幅修正

5.ソーシャルメディアを使ったリンク戦略を追加

6.相互リンクによるキュレーション戦略を追加

■デザインメソッド ショートミドルレンジデザイン編

1:YouTubeマニュアル修正

■デザインメソッド ロングレンジデザイン編

1:第8章:最近のサイトデザインの傾向と対策追加

2:YouTubeマニュアル修正

3:参考になるサイト修正

■楽天・アマゾン・ヤフーアフィリエイト初心者マニュアル

1:so-netブログ削除、忍者ブログ追加

2:楽天売れ筋ランキング説明削除【2013 3/31終了】

■独自ASP型初心者マニュアル

1:A8.net      →サービスシステム変更で書き換え

2:アフィリエイトB  →サービスシステム変更で書き換え

3:バリューコマース →サービスシステム変更で書き換え

4:電脳卸 →サービスシステム変更で書き換え

5:アクセストレード →サービスシステム変更で書き換え

■無料画像・フォントダウンロードサイト集<永久保存版>

1:ダウンロードサイト10個追加

■3M無料ブログ用テンプレート『リプラ Luster2』マニュアル

1:リプラLUSTER2テンプレート本体

2:マニュアルリニューアル

■『リファインSNOW』マニュアル

1.リファインSNOW2の追加マニュアルと統合

2.追加機能の使い方修正

■WordPress構築マニュアル

1.WordPress4.0以降のダッシュボードに対応

■レンタルサーバー契約マニュアル

1.エックスサーバーの新サーバーパネルに対応

■新規・オールドドメイン取得講座編

1.Expired Domainsでのオールドドメインの取得方法を修正

ルレアがルレアプラスに進化した本当の理由

ネット社会では『あっ』という間にビジネススタイルが変わるほど移り変わり、流行り廃りの激しい世界があり、アフィリエイトを取り巻く環境も劇的に変わってきています。

 

例えば、オールドドメインを利用するサイトが1年前まで通用していたツールでしたが、Googleがスパム判定をすることでサイトが利用できなくなるような事態にもなったりとビジネスの方向の転換も求められています。

実は以前ルレアでは『ウェポンサイトサービス』というオールドドメインから被リンクを送信できるシステムが利用されていました。このような改変にあたってルレアから利用者に向けてこのような内容のメールが配信されました。

 

『この度のウェポンサイトに関するサービス終了は、googleの変化による購入者様のリスクを事前に回避するための対応であることを何卒ご理解いただきますようお願い致します。』

 

『パンダアップデート』や『ペンギンアップデート』といったような、Googleのアルゴリズムは一定期間毎に改変されています。このようなGoogleのアップデートに対応して、ノウハウを提供する教材も同じように最新のアフィリエイト環境に対応した内容への変更が必要になってきます。

ルレアがバージョンアップした真の理由は、できるだけ最新のアフィリエイトノウハウを利用することで、より多くのルレア購入者に売上を伸ばしてもらうためなんです。

 

購入したら『はい、終わり』のような悪質な詐欺教材であれば時間やコストばかりがかかるようなバージョンアップをするでしょうか?

 

私はルレアを利用して半年で月収50万円、その後1年程度で月収100万円超えることができました。

 

『ルレアの他にも良質なアフィリエイト教材を教えてください』というメールも頂いたりしますが、『あなたがルレアの利用者であるなら、何度もルレアを読み返すことをおすすめします』とお伝えしています。

 

私は『サイト作成ツール』に『シリウス』を購入しましたが、教材としての商品は『ルレア』のみです。なので、まずはルレアプラス購入者は、ルレアのノウハウを信じて、手を動かすことに集中してみてください。記事が参考になれば幸いです。